2018年2月13日火曜日

ゆず2018 新メンバーになりました!

ゆず2018! 「うたエール」とうとう2/9より配信されました! 
昨年11月「ゆず新メンバー2018名募集」に、ダメ元で応募し、当選し、なんとゆずの新メンバーに加えて頂いたのです!
1人/2018人です^^
レコーディングの日は、母もなんとか大丈夫だったので、横浜まで行く事が出来、参加させて頂けました。母ももし元気だったら、ゆずメンバーになった私の事 を、とても喜んでくれたと思います。残念ながらこの完成を待たず逝ってしまったので、見てもらう事は叶いませんでしたが・・・。しかし、今日は、母とのゆずの思い出を語らせて頂きたいと思います。

デビュー20周年を迎えたゆずさんの、最初から大ファンだった私。その頃は4人の子どもたちも小さく、たくさんお金もかかり、とてもゆずのCDなど買う事も出来ず、ましてビデオ(昔はDVDではなかった・・・)など、欲しくても買えなかった。

諦めた「ふたり」
買ってもらった2枚組
あの頃、出ていた2つのビデオフィルムを、ある店でじっと眺めながら欲しそうにしていたら、母が「なんや、欲しいんか?」と聞いた。「うん、でもこんな ん、高くて買えへんしなぁ」と言うと「買ってあげるで」と言ってくれた。私は大喜びで「ほんま? ほなどっちにしようかなー」と言うと「2つとも買えばいいやん」と! 「えー? ええのー? そんなんええのーー?」と言いながら、しかしそれは、かなり の出費になるので私が踏み切れず、「ふたり」は諦め、二本組だった「ふたり秋味」を買ってもらったのだった。そして毎日、洗濯物をたたみながら、茶碗を洗 いながら、とにかく何をするにも、テープがすり切れるまで見ていたものだ。

2000年に出た限定版「ゆずマンの夏」がTUTAYAさんで中古で売っていたのを見つけた時も、即買いゲットした。写真のように、これはCDなのにパッ ケージが大きな箱だったので、「お母ちゃん。ゆず、買ったで」と言った時、母は「何やそれ、美味しいんか?」と言った。お菓子の箱だと思ったらしい・笑
お菓子の箱のようなCDケース
ゆずさん10周年を超えた頃から、テレビに出る事が多くなり、新聞のテレビ欄で「ゆず」の2文字を見つけると母は「今日、ゆず出るな」と、いちいち電話してくるのだった。
突然出ているのを見つけても「今、ゆず、出てるで!」と、やはり電話をかけてくるのでした。
「ゆず」と「コブクロ」の違いがわからない兄にも、母は「典子の好きなんは、そっちとちゃうで」と言える人だった。
(注・コブクロがキライと言う意味ではありません。)
母は、きっと私の好きなものに興味があったのだと思います。信仰についても、本当は良いものだとわかっているのに、素直になれない思いがあったんだろうなと、今は、思います。今日も母の事を色々と思い出し、懐かしい思いにひたっています。

大阪・梅田の巨大広告とともに^^

2018年2月8日木曜日

母、イエス様の所へ

皆様に祈って頂いていた母は、2月3日の早朝、天に静かに旅立ちました。
2月5日に近江福音自由教会で葬送式を行っていただきました。

5日、予報は雪マークだったのに全く雪も降らず、晴天の中行なわれ、葬儀では神様の大いなるみわざを証し賛美させて頂きました。多くの方々に見送られ、母は私より先にイエスさまに会えたんだな、うらやましい限りだ、と思いました。ただただ、主を賛美致します・ハレルヤ!

神様は、私には全く想像もできない素晴らしい結末をずっと前からご計画されてたんだなと、今知る事となりました。だから今は、まだ続いている試練も、神様の深い計らいがあって、必ずとんでもない祝福の結末を迎える事ができるんだと信じる事が出来ます。母の事を通して、ある意味すべてがどうでも良くなりました。(悪い意味ではありません、とても積極的な良い意味です)


葬儀では、懐かしい親戚とも会うことができ、初めて見る母の写真をいただきました。一枚は、まだ子供の頃の母です。


母は4姉妹の長女
もう一枚は、多分30代後半かなと思う父と母です。私は両親どちらにも似ているらしい。夫婦がよく似た顔してます、 笑 
どなたかの仲人をした時の写真
母と親しくしてくださった方々、また祈ってくださった方々、心に覚えて応援して下さった方々に心から感謝いたします。はっきりと信仰持った母ですから、今 は神様の所で、痛みも苦しみも涙もないところで安らいでいます。「なんと言えばいいのか」と言ってくださった方もありますが、どうぞハレルヤと言ってください! 
皆様、本当にありがとうございました。

2017年12月19日火曜日

最高のクリスマスプレゼント!!(母の救い)

2017年の12月! 神様は私に、最高のクリスマスプレゼントを用意してくださいました。
それは、44年間祈って来た、母がクリスチャンになったと言う事です!
以下、その日の様子です。長文ですが、良かったら一緒に喜んでください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私の母が、今日(12/7)、イエス様を信じました!
母は、クリスチャンではありませんでした。私がクリスチャンになってから実に44年! その日からずっと祈って来たけど、何度も諦めそうになりました。私 は神様を信じてはいるけど、何でも出来る神様だと思うけど、私の母を救う事だけは出来ないんじゃないかと、何度も思ったものでした。なぜなら、母は・・・

「神様なんていない。私は無神論者や」
「天国も地獄も無い。もし地獄があるなら、行ってやるわ」
「私はクリスチャンでも何でもないから、もう教会には行かない! 関係ない。」と。


私がCDを作った時も、
「お前のCDなんか、いらんからな。お前の歌は聞き飽きた」

「そろそろ遺言を書いているけど、浜岡家は、みんな来んでええって(出席しなくていいって)書いたからな。仏教の葬式なんか、出たくないやろ」
などなど、・・。

「自殺する人の気がしれん。人間死ぬ気になったら、何でも出来る。」と言っていた母は、42歳の若さで夫が死んだ時も、へこたれる事なく、がんばって来た人だった。神様なんかに頼らんでも、人間、生きて行ける!! と言う生き方をしていた人だったのです。

そんな母が、昨日入院しました。もう、手も足も動かず、心臓がかなり弱っているようです。もう長くないと、母も自覚しているのでしょうか。

今日、病院に行くと、色々な説明を受けたり、診察があったり出入りも激しかったし、兄もいたのに、ふと、同室の人も出て行き、母と二人だけになる時間が出来ました。そしてその時、母に聞きました。
「お母ちゃんは今も、葬式は仏教式でと思ってるん? 知らん人にお経あげてもらうんと、牧師(主人)に教会でしてもらうんと、どっちがええん?  教会であげられたら、教会のみんなも喜ぶで。私ももちろん、そうなれば一番嬉しいで!」と言うと「私も教会でしてもらえるんか?」と言う。「もちろん や! イエス様信じて、天国に行こうや。そしたら何も心配せんでええよ。」「うん」「えっ? 今、うんって言った? ホンマ? ホンマにイエス様信じ る?」「うん」「ホンマかー? ほな、私が先祈るから、ついて祈ってや」「うん」

私「神様」母「神様」
私「イエス様を信じます」母「イエス様を信じます」
私「私の罪をおゆるしください」母「今までのたくさんの罪をゆるしてください」(えっ? 一緒じゃないやん! お母ちゃん、自分のことばで祈った?!!)


そう祈り終わった母は、
「今まで、いらん事いっぱい言うて、ごめん」と言った・・・。私も泣きながら「私こそ、お母ちゃん、ごめん。そしてありがとう。お母ちゃんがいなかった ら、私はクリスチャンになっていなかったよ。4人の子どもたちのめんどうもいっぱい見てくれて、ホンマにありがとう。お母ちゃん。イエスさま信じたなら、病床洗礼と言うのがあるよ。洗礼受けるか?」「うん」

と言う事で、今度行くときは、主人と一緒に、洗礼を授ける用意をして行く事に。

帰りの車で、娘にメールしたら、「まじで!!!! めっちゃ感謝!!!! はれるや!!!」と返事が来た。それを見た途端、なんか、ぷつっとして、次から次か ら涙が出て来て、もう嗚咽になって、車の運転大丈夫やろかって、なって・・・今までのことがいっぱい思い出されて・・・・もうすっかり暗くなっていたので、運転ホンマにヤバかった・・・・。

帰ってから主人に、詳しく報告したら、なんと主人も「良かった! よかった」と言って泣いた。私は主人が泣いたのを見るのは、これで二回目だ。自分の親が死んだときでさえ、主人は泣かなかった。いや、どこかで泣いたのか もしれないけど、人前では決して泣かなかった。私が見た事があるのは、私たちの第一子が流産した時。そして、今日だ。主人は、私の母が信じた事を、泣いて喜んでくれた。それほど、母は、きっと信じないだろうと思うような、本当にかたくなな人だったのだ。


その後すぐにゴスペル教室があった。泣くまいと我慢していたけど、愛する仲間たちの歌う声に、そして、一緒にずっと祈ってくれた仲間たちを思い出され、と うとう我慢できなくなり、涙が止めどもなく出た。神様に出来ない事は無い! 必ず約束された事を成し遂げられる! 約束のものを得るのに、私たちに必要な のは、「忍耐」!!
試練に合う時、私たちは低くされる。そして、神様の深いご計画を知る日が来る。祈られているたましいに、神様は必ずみわざをなされる! アーメン


あなたも、誰かに祈られている!
何より、イエス様が、あなたのためにとりなし、祈って下さっている。聖霊様が、深いうめきを持って、祈って下さっている。あなたが祝福されないはずは無い! どうぞ心を素直にして、「イエス様!」と、一言祈ってほしい。私は生ける限りこの方を伝え続ける! 

最後まで読んで下さって、ありがとうございます。神様の御声が、このクリスマスの時期、あなたの心にも響きますように。
最後に、母のために祈ってくださった皆様! 本当に本当に、ありがとうございます。これからもどうぞ、よろしくお願い致します。イエス様、ありがとうございます!! ハレルヤ!!!

2017年11月27日月曜日

11/18「ギター教室発表会」のご報告!


11/18は、第10回ギター教室発表会でした! 毎年みんなの実力がアップして行って、本当に素晴らしいコンサートになりました! 子どもたち も大人たちも、ギターを通して新しい自分を発見し、新しい出会いを与えられ、新しい人生を歩みだす、そんなコンサート(発表会というより本当にライブでし たね)になりましたよね。心から感謝です。本当に楽しかった〜♪これからも、どうぞよろしくお願いします^^ 
(未成年のグループもいっぱい出演したのですが、写真は載せていません)
自動代替テキストはありません。
プログラム
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、ギター
Dream a little dream
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、スマイル、オンステージ(複数の人)、ギター
Love Never Fails
画像に含まれている可能性があるもの:1人、ギター
鉄道員
画像に含まれている可能性があるもの:2人
主は良いお方
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、オンステージ(複数の人)、演奏(複数の人)、ギター
なごり雪
画像に含まれている可能性があるもの:1人、オンステージ、室内
Sailing
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、ギター、室内
アメイジンググレイス
画像に含まれている可能性があるもの:1人、オンステージ、演奏、ギター
冬の稲妻

2017年11月15日水曜日

11/18 ギター教室発表会があります!

10回目になりました!
是非お越しください。曲も色々!
楽しいですよ^^

2017年11月13日月曜日

怒濤の11月・最後は吉崎さんとクリスマスコンサート!

11月は(も)、怒濤の日々!
すでに終わりましたコンサートについてはまた報告しますが、この度は、11月最後のコンサートのご案内をさせて頂きます。

11月25日(土)14時〜
野洲福音自由教会にて
「Pre Christmas Concert」ギター&バンジョーコンサート

入場無料!
是非起こしください!

2017年11月10日金曜日

仙台・石巻でのコンサート

先日、震災後ずっとボランティアの拠点となり、地域復興に力を注ぎ続ける仙台教会と、まだまだ大変な石巻に、2年ぶりに行く機会が与えられました!
土曜日は、仙台教会で、「ユース賛美集会」
お話しと賛美をさせて頂きました。


日曜日は、仙台教会の28周年記念礼拝でした。
午前中に2回「ゴスペルコンサート礼拝」をさせて頂きました。
若者たちと一緒に歌い、語り、笑い、女性たちとは、子育てや病気の事、悩みを分かち合いながら、泣きました。
そして仙台教会は、また新たな29年目を迎えておられると、強く思わされました。


仙台福音自由教会
28周年記念礼拝
「祝会」の持ち寄りお料理をいっぱいパックに詰めて頂き、車の中で頂きながら、石巻教会に向かいました。

石巻福音自由教会
石巻という地域は、午後5時ぐらいが夕食タイム! だから3時〜4時のコンサートには、なかなか忙しくて、来れなかった方も多かったと聞きました。それでも39名の方が集まって下さり、喜んで下さいました。

お茶っこ会
仮設住宅から復興住宅に引っ越された女性が、「仮設の方が良かった。今は独房のようで、寂しい」と言われていました。
でも、そばにおられた男性は、「人それぞれだよ。静かになって良かったって人もいるよ。」と。
他の男性は、「息子たちがいても、寂しいもんだよ。コンビニのカップラーメン食べて生きてる。これからは、増々孤独死が増えるだろう」と言っておられた。

しょっちゅう来るわけにはいかないけれど、続けて祈って行こう! と、心を向けられる事が、感謝だった。
東北までの移動は、車ではなく、ピーチで行く事により、三日間の時間が有効に使えました。

立ったばかりの
石巻クリスチャンセンター
月曜日は、今週献堂式を迎える「石巻クリスチャンセンター」に行 く事が出来、その後は


大川小学校にあるパネル
「大川小学校」に、初めて連れて行って頂きました。津波の爪痕がそのまま残されている学校を見て、震災当時を思い出されました。「も しこうしていれば」という悔いが残る場所です。なんとも言えない気持ちで、子どもたちが走り回っていたであろう校庭を歩きました。そして自分の使命をま た、強くさせられたのでした。
本当に素晴らしい機会を与えられ、神様に感謝しました。
出会うべくして出あった人々、続けて導かれた日々、濃い三日間を過ごさせて頂きました。