My Room


浜岡典子プロフィール




2012.12月
1959年 京都府福知山市で生まれ、幼少期を北海道で過ごし、10才から、3年間、クラシックギターを習う。
中学1年の時、関西に引っ越し、中学2年の夏、宇治福音自由教会に導かれ、クリスマス集会でイエス様を信じ、クリスチャンとなる。しかし、高校受験の日に父親を交通事故で亡くすという経験を通し、キリストと向き合い、信仰が深められた。
その後、Becky Huttonとゴスペルデュオ「宇治エンジェルス」結成。17才で洗礼を受け、この頃から作詞作曲を始める。

音楽活動をする中で、小坂忠師(ミクタムレコード)と出会い、「ミクタム ジョイフルシンガーズ」のアルトで「いのちのパン(1980)「いのちのパン(1984)に参加。

大阪キリスト教短期大学を卒業後、関西聖書神学校にて、聖書の学びと訓練を受ける。卒業後は、宇治福音自由教会の伝道師となり、一年半、おもに青少年の育成のため従事。

滋賀県・近江今津にある
近江教会の「ゴスペルガーデン」にて
その後、京都福音自由教会の副牧師であった正年と結婚し、1986年に滋賀県の近江福音自由教会の開拓伝道へと遣わされ、現在に至る。

25才の時、喉に出来た脂肪腫と声帯ポリープの手術をし、歌うこともすべて、神様のゆるしなくしては、出来ない事であると学び、「賛美とは歌う事ではなく、神様にどのような状況になっても感謝し、あがめる事なのだ」と教えられ、音楽伝道の熱き思いも、神様にお返しし、開拓伝道と子育てに専心してきたが、50才を過ぎてから、このように音楽を通して活動する事を再び導かれ、神様の深いご計画を知り、日々感謝と驚きをもって奉仕させていただいている

2006年に、山本真一郎氏(SCA代表)と出会い、今回SCA RECORDSより、初のオリジナルCD「IN HIS LOVE〜イエス様の愛の中で〜」リリース。
テレビ「ライフ・ライン」出演
ラジオ「心に光を」「キンポーデン・アワー」や
FM草津 セブンイレブン提供「エミリンの部屋」で曲と共に紹介
2013年には、ハワイのラジオ「ルーテルアワー」でも生出演。
韓国では「キャンパスクルセードの学生大会」と、海外でも賛美の機会が与えられている。


国内では、ギター片手に、各地の教会やミッションスクール、地域の保幼小中・デイケアセンターや病院、駅など、どこへでも出て行き、神様の愛を歌い続ける。
毎年「東北ボランティア」「釜ヶ崎ボランティア」の中でも賛美する機会が与えられている。

近江福音自由教会 牧師夫人 シンガーソングライター
ギター教室講師 3男1女の母


ゆずさんと押尾コータローさんの大ファンです!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

出生の秘密



 3月31日は、私の本当の誕生日です。「本当の」というのは、戸籍上は「4月2日」だからです。


 小学校6年生のある日、母が「お前の本当の誕生日は3/31なんだよねぇ」と、何事もないかのようにサラリと言いました。



「えっー?」私のショックは半端なかった。だってそうでしょう?「じゃあ私、本当は今、中学生なのー?」6年生の私には、本当は、中学生だったんだという話しは、人生が変わるほどの、あまりにも大きな事実でした。


「なんでー? なんで誕生日変えたんー」「だって3/31だったらお兄ちゃんとひとつしか違わなくなるやろ。もしお兄ちゃんが浪人でもしたら、あんたとおんなじ学年になるやん、だから4/2にしたんよ」「えぇー、そんなあほなぁ。。。」

 そして結果はどうかというと、兄はずっと順調な人生を送り、なんと、高校入る前、受験の日に父が死に、一年浪人する事になったは、私の方だったのです。

 だから、一浪の末、めでたく高校に入学した時には、すでに17才。3月生まれの人とは丸2才も年上な訳で・・・。それもまた、変な高校生活の始まりだったのでした。

 しかし、すべては神様のご計画!! この「誕生日すり替え事件」がなければ、私はまさしく「♪ 今頃どうしているーかわからなーいー ♪」(今はただそれだけの歌詞より)です。

 この出来事がなければ、私はイエス様と出会う事もなく、今の主人と出会い結婚する事は絶対になく、今の4人の子どもたちも生まれていないし・・あー、etc、etc、考えれば考えるほど不思議。今とは違う人生だったんだなぁと思うのです。

 そして、今日あるのはすべて神様の深いご計画だったんだと、つくづく思うのです。人生はすばらしい。神様のご計画は計り知れない

 生まれた日をすり替えられても、人としてこの世に生まれてきた事実はかわらない。

「いつクリスチャンになったかわからない」という人に、私はこの話しをよくするのです。

 いつイエス様を信じ、生まれ変わったか、その日がわからないなら、「私は、あの日あの時に信仰を持つ決心をした」という日を、決めてしまえば良い。もし記憶が曖昧で、間違っていたとしても、そんなの関係ない。クリスチャンとして生まれ変わった事実には、かわりはないから。

 新しい人生を歩き出す為に、生まれ変わる為に、こう祈ってほしい

「神様。今まであなたを恐れず自分かってに生きてきた事を赦してください。私を愛し、私の為に十字架にかかってくださったイエス様を信じます。これから私の人生の主として私を導いてください」と。

 今日と言う日が、あなたの「第二の誕生日」になりますように。

創世記 45:8 
「だから、今、私をここに遣わしたのは、あなたがたではなく、実に、神なのです。」

 今、私がここにいるのは、誰かのせいではなく、実に、神様のご計画だったのだ。
ハレルヤ!

0 件のコメント:

コメントを投稿